食事からバストアップ

バランスの良い食事がバストアップに

更新日:

バストアップに効果的とされる食べ物や栄養素は広く知られるようになりました。

これらを積極的に取り入れることは大切ですが、食事や生活習慣について全体的なバランスが摂れていなければなかなか効果は現れません。

例えば喫煙者であればビタミンCが不足しているかもしれません。

大豆製品や肉食をあまりしないのであればタンパク質の不足、野菜が足りていないと感じるのであればビタミンAの不足、ファーストフードや袋菓子を好むのであれば栄養の偏りが、朝食抜きが多いなら栄養の不足が考えられます。

バストアップに有効な栄養素にはビタミンE 、タンパク質、ミネラル、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなどが挙げられます。

ビタミンEは バストアップに不可欠な女性ホルモンの働きを高めてくれます。

血行を良くする働きもありますので、イソフラボンのような女性ホルモン様の働きをする栄養素を取り入れるときに一緒に摂取すれば、それだけ効果はアップします。

かぼちゃやアボカド、モロヘイヤ、オリーブオイル。

ナッツなどに多く含まれています。

ビタミンEは酸化しやすい性質を持っていますので、鮮度には注意しましょう。

タンパク質は、女性ホルモンの働きをアップさせることももちろんですが、筋肉などを作るのにも不可欠です。

キレイにバストアップさせるためには土台となる筋力も必要です。

動物性タンパク質、植物性タンパク質のどちらに偏ること無く、バランスよく摂取しましょう。

動物性は肉、魚、牛乳、乳製品などで手軽に摂れ、植物性は豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品、枝豆などの豆類から摂取できます。

特に大豆製品には大豆イソフラボンが多く含まれています。

ミネラルは筋力の維持に不可欠です。

カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄分、亜鉛、ヨウ素などがミネラルの代表的なものですが、身体の機能を維持する上で大変重要な栄養素です。

バストアップに必要な筋肉も維持されますので、「大きいだけでなくきれいなバストを作りたい」というときに欠かせません。

ナトリウムなど過剰に摂取してはいけないものもありますので、バランスには留意しましょう。

顔藻類や魚介類、アーモンド、豆腐などに多く含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、ビタミンBはエネルギーの代謝、ホルモンバランスに働きかけ、ビタミンAは新陳代謝を促し、生殖機能の維持に働きかけます。

どれも欠けてはいけない栄養素ですので、毎日の食事で積極的に取り入れ、最大限の効果が得られるように正しい生活習慣に心がけることが大切です。

-食事からバストアップ

Copyright© バストアップサプリ人気ランキング2018|効果ある?なし?おすすめサプリ口コミ比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.