バストアップサプリについての情報

バストアップと喫煙の関係

更新日:

喫煙が与える害とバストサイズが関係していると言われています。

喫煙は男性女性に関わらず害があるとされていますが、その中でも特にバストアップに影響を与えるのは「女性ホルモンの分泌の低下」と「血行不良」です。

確かに「喫煙していてもバストが大きな女性はいる」のですが、バストの大きさに影響をあたえるのは思春期から成長期の終わりまでです。

喫煙は20歳を過ぎなければしてはいけませんので、現在喫煙をしていても胸が大きな人がいるというのも理屈に合わない話ではありません。

しかし「今から頑張ってバストアップしよう」と様々な方法にチャレンジしている人には、バストアップ方法の成果を喫煙が左右してしまうということはあるでしょう。

タバコに含まれているニコチンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを分解してしまったり、分泌を阻害する働きがあります。

筋力をつける、マッサージを行うといったことはバストアップに有効ですが、女性ホルモンの助けがないとなかなか結果は出にくいものです。

また喫煙によって血管が収縮し、結構が悪くなることは広く知られています。

マッサージは血行を良くして栄養を行き渡らせ、老廃物を排出することでバストアップの効果を狙います。

血行が悪いことで効果は出にくくなってしまうでしょう。

血行が悪ければ子宮の働きも鈍くなり、子宮から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が減ってしまうことも考えられます。

また喫煙によってビタミンCが壊されてしまうことも周知ですが、このビタミンCは女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの働きや濃度を高める作用があります。

ビタミンCが壊されてしまうことは、女性ホルモンの働きを低めてしまうのです。

成長期にたくさんの女性ホルモンを分泌させるというのが、大きなバストを作り出しますが、成長期が終わってもバストが大きくなる方法によってバストは成長してゆきます。

喫煙をしている女性が効果があまり感じられないというときには、喫煙が阻害していることも十分に考えられますので、そこから改善してみましょう。

そういった「効果が出やすい環境や体調」を作り出すことで、サイズアップが実現してゆきます。

喫煙の害はバストだけではなく、女性の美容や冷え性などの問題にも深く関わります。

嗜好品ですし法律で規制されているものでもありませんので声高に否定することはできませんが、「満足できる効果を得たいのであれば喫煙」ということは言えそうです。

-バストアップサプリについての情報

Copyright© バストアップサプリ人気ランキング2018|効果ある?なし?おすすめサプリ口コミ比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.